<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

ライオンとキリン

ライオン睡眠とキリンの睡眠

合計:311 今日:1 昨日:0
画像の説明

ライオンの睡眠

睡眠時間はその【種】によって実に様々だ

・蝙蝠(コウモリ)≒18時間~20時間
・オポッサム≒18時間~20時間
・ライオン≒18時間~20時間

そう言われてみれば、テレビに写るライオンは
いつも大きな口を開けて【あくび】をしている
シーンしか思い出せない

一日≒20時間も寝ているという事は
改めて考えてみると実に奇妙だ

すると、残りは≒4時間しかない

恐らく、この4時間は【狩り】=獲物を取っているのだと思うが
そうすると正真正銘【喰って、寝る】

こんなシンプルな毎日を送っている事になる

そう考えると、逆にライオンが羨ましい気がする

流石に【百獣の大様】ライオン

きっと、強いから他の外的の存在は気にしないで
悠々と寝ていられるのだろう

キリン の睡眠

一方で、大きな【草食動物】は
・馬≒3時間以下
・キリン≒3時間以下 しか寝ない

しかも、立ったまま寝る

この様に、一般的には馬やキリン等の大きな【被食者】に
なりやすい動物はいつも【捕食】される危険性にさらされている

その為、睡眠時間を少なくする必要がある
そして、体が大きい草食動物程食事の時間が長くなる

その為、その分睡眠時間も短くなってしまう

更に、被食者になりやすい動物はいつも狙われている為
まとまった睡眠が取れない
小まめに少しずつ寝るしかないのだ

キリンともし話ができたら聞いてみたい
「本当は8時間くらいまとめて寝てみたいですか?」

この様に、ライオンと比べると全然違う

もし、生まれ変わるとしたら
ライオンとキリンどっちがいいのか?

睡眠という切り口で動物達を観察するのも
面白いとこの記事を書きながら不思議な気持ちになってしまった
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional