<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

基礎知識

基礎知識

合計:457 今日:1 昨日:2

あなたの関心のある記事からお読みください
画像の説明

睡眠不足時の応急処置

睡眠の取り方には、大きく分類すると次の2種類に分類されます

先ず、ひとつ目が単層性睡眠です

一般的には、人の睡眠はこの単層性睡眠です

もう一方で、人以外の動物は多層性睡眠という原理で眠っています

私たちが、家庭で可愛がっているネコや犬がそうですね

この二つの睡眠方法の違いを簡単にまとめてみると・・・

睡眠とコーヒー

コーヒーを飲むという文化は、日本ではすっかり定着してしまいました

昔は、コンビニもなくて、200円以下でコーヒーが飲める

飲食店もありませんでした

自動販売機では、ブラックコーヒーは販売されていませんでした

今は、生活の身近なところで、いつでもコーヒーが楽しめます

私も、朝から日中、仕事をしている最中にコーヒーを欠かせません

脳の警告サイン

私も含めて、次の様な行動を無意識のうちにとっている時は

少し、注意が必要です

その行動は、単なるクセではなくて

覚醒レベルが低下している時の、脳からのメッセージの可能性があります

睡警と体温

一口に体温といっても、大きく2種類に分かれます

それは、身体の表面温度と、深部の温度です

深部体温は直腸で計測します

そのことから、深部体温=直腸体温とも呼ばれています

人は、この深部体温を自動的に保つしくみを持っています

寒い冬でも、暑い夏でも、体温は自動的にほぼ一定に保たれます

このメカニズムは、ホメオスタシスと呼ばれています

睡眠と脳の温度

人には、様々な体質、習慣がありますが

人の脳は、眠る前には特に敏感になっていることは共通しています

1分でも早く眠りたい時に限って、色んな考えが頭をよぎります

考え事は、その日あった出来事が中心になったりしますが

否定的な感情や、その考えがどんどんエスカレートとしてしまうと

なかなか眠りにつけない事態になってしまいます

そんな時の対処方法は色々あるのですが

この章(ページ)では、睡眠と脳の温度に関してのみ

分かり易く解説致します

脳の目覚まし時計

私は、朝おきるのに目覚まし時計は使いません

起きたい予定の時間に、勝手に目が覚めます

この習慣は、随分昔から継続していて、とても役にたっています

あなたにも、似た様な経験はあると思いますが

眠る前に、明日の起床時刻を頭で唱えるのです

そうすると、不思議な事に、その時刻の数分前に自然と目が覚めます

午後の眠気の原因

午前中に一生懸命働いたり、学校で勉強して

お腹が空いて、お昼ご飯を食べると、その後は必ず

眠気が襲ってきます

この眠気は、人にもよりますが、結構強烈です

特に、午後に会議や試験がある日は要注意です

食後すぐに横になると、牛になるとか意味のよく解らない

言葉がありますが、どうして、食後には眠くなるのでしょう?

睡眠と夜食

普段、十分に寝ていて、睡眠が不足していなくても

人の体は、夜中に食欲が出やすい傾向をその構造上持っています

これは、脳がエネルギー不足だと勘違いしている現象なのですが

本当に、普段から十分な睡眠をとっている人は

それ程にはエネルギーは減少していないので

夜中の間違った食欲は我慢できるレベルで押える事ができます

私自身もそうですが、あなたの夜中の食欲を

一度、生活習慣の切り口で、点検してみる必要があるかもしれませんね

睡眠と徹夜

私たちは、毎日自分のペースで生きてはいけません

自分の計画性のなさが原因で、徹夜を強いられることもありますし

自分が怠けていて、そうなるケースもあります

そういう私も、月に何日かは徹夜していますが・・・

又、自分以外の理由で、仕事の関係上そうせざるを得ない時もあります

そんな、徹夜に関して、効率よく作業を完成させる方法をお伝えします

睡眠と物忘れ

私事ですが、毎日の何気ない生活の場面で、物お忘れ現象がよく起きます

ど忘れ現象とでもいうのでしょうか?

例えば、朝目が覚めた時、昨日の晩飯のおかずを思い出すのに

少し時間がかかったりします

又、お風呂に入っている時、色々な事を考えていると

今、シャンプーしたのかどうかわからなくなります

出かけようとして、その日に必要な物をバッグに入れますが

そのバッグを車に持ち込んでから、本当に入れたのか

心配になって、車中でバッグの中身をもう一度確認します

あなたは、似た様な、こんな経験はありませんか?

睡眠不足応急処置

睡眠はやはり十分にとっていないと、何かと支障が出ます

このサイトの、別の章(ページ)でも解説していますが

睡眠は生きていく上で絶対必要な生命維持活動です

しかし、時には大切な睡眠を削ってまでも頑張らなくてはならない

そんな、局面もあります

睡眠不足と机の上

私の作業机の上は、だいたいいつも乱れています

何か仕事に取り掛かる時は、いつも必要な物の物探しから始まります

非常に効率が悪く、いけない事だと、自分自身解ってはいます

でも、これがなかなか改善できません

一つの作業が終了したら、その都度片付ければいいのに

わかってはいるのですが、なかなか実行できません

いつもスッキリとした作業台で仕事をしたいものです

睡眠負債を減らす

人は覚醒(起きて活動)していると、時間の経過と共に疲れてきます

これは、当たり前のことですし、誰にも当てはまります

この疲れは、体調にも現れますが、特に脳に大きく影響を与えます

人の活動に合わせて脳に溜まっていく睡眠物質の話は別の章でしましたが

眠気を感じる睡眠物質が、脳に溜まる現象を睡眠負債と呼ぶのでしたね

睡眠負債

睡眠負債はSleep Deptとも呼ばれています

Sleep=睡眠
Dept=借金

日本語をそのまんま英語の単語に置き換えただけの別名です

当たり前の話ですが、私たちは眠らないで活動していると

ある時点で急に眠気を感じる様にできています

この時、脳の中では【睡眠物質】というものがどんどん溜まっていきます

この【睡眠物質】が頭の中に溜まった状態を睡眠負債と呼びます

すなわち、脳の借金です

睡眠と年齢

生理的切り口からの一日当たりの人の総睡眠時間

その年代によって変化していきます

勿論、季節による変化や、個人差による変化がありますので

一概に全ての人が各年代において、同じ様な睡眠時間になる

わけではありませんが、平均時間においては年齢と共に推移する

事が調査・研究により報告されています

胎児の睡眠

お母さんのお腹の胎児の睡眠はどの様な役目があるのでしょうか?

赤ちゃんの頭の中に大脳ができて先ず現れるのが【レム】睡眠です

この、レムという呼び方は英語の=Rapid Eye Movement=REM

というのが語源ですが、急速眼球運動という意味です

幼児期以降のレム睡眠時は、まぶたの下で眼球がキョロキョロ動きます

この胎児期では、レム睡眠は動睡眠とも呼ばれています

睡眠の効用と夢

普段悩んでいたり、自分の目標にむかって頑張っている時に

ふっと、その答えが夢という形でその人の頭に降ってくることがあります

このラジオ音声では、大津市にある石山寺という有名なお寺の

昔の貴族がいい夢を人から買ったというお話や

ジョンレノンのイエスタディーという名曲にまつわるお話が

収録されています

睡眠とスポーツ

スタンフォード大学の、将来プロを目指すバスケットボール選手を

対象にした、睡眠の実験報告があります

このレポートによると、普段十分な睡眠をとっていなかった選手が

充分な睡眠をとった結果、大学の授業中も眠気を感じなくなったり

フリースローや、スリーポイント等の運動面で明確な向上がみられた

という実験結果が報告されています

睡眠のメカニズム

徹夜明けの朝に感じる素朴な疑問

私は、その仕事柄時々気が付くと朝になっていることがあります

もうそんなに若くはないので、相当に体は疲れ切っています

そして、眼を酷使する仕事なので、勿論目も疲れています

集中すると頭のなかもジーンといった感じです

そんな状態なので、早く眠りにつきたいのですが

床に着いてもなかなか寝れないのです

こんな、似た様な経験は、あなたにはありませんか?

睡眠について学ぶ意義

睡眠は、人が生きていく上で欠かせない生命活動です

しかし、その役割や重要性について、正しくて、広範囲な知識が

知られるようになったのは、極々最近のことなのです

例えば、睡眠障害の多くは、睡眠の正しい知識、教養

生活習慣を身につけることで、ある程度改善する事ができます

日常的な努力で十分可能な活動でもあるのです

睡眠学とは

睡眠全体を取り扱う「睡眠学」という新しい学問体系が

日本学術会議で提唱されたのは2002年のことで

その歴史はつい最近の事です

健康で快適な生活をおくり、維持していく為には

睡眠に関する正しい知識を習得し

この睡眠学という学問の切り口から

様々な調査・研究・予防治療法の開発・国民への啓発を

行う事がとても大切な時代になってきています

記憶は睡眠中に作られる

折角覚えた知識、寝ている間に忘れてしまうと恐れていませんか?

そんな事はありません

その反対で、実は記憶は睡眠中にこそ強化・固定化されるのです

そのメカニズムについて解説します

その作業は脳内にて睡眠中に行われています

この神秘的な仕組みを知って下さい

睡眠単位

睡眠にはルール通りに繰り返される一定の時間的規則があります

その【睡眠の型】のしくみを知って下さい

長く寝ればいいと言う事はありません

短い時間でも翌朝スッキリ目覚めます

その謎が解けます

睡眠と記憶の関係

何か覚えた後、寝るのが怖かった経験はありませんか?

折角覚えた事を寝ている間に忘れてしまうのではないか・・・

特に、一夜漬けの受験勉強中はこの心配は深刻ですね

でも、安心して下さい

睡眠と記憶には密接な関係があります

この関係を理解して睡眠を見方につけて下さい

人は何故眠るのか

こんな素朴な質問に現代の科学は未だ完全には回答を出していません

でも、時々感じる素朴な疑問ですよね

人生の3分の1も人は寝て過ごします

不思議ですよネ

その行為が時には無駄に思えてしまう事はありませんか?

睡眠のメカニズムを理解して、睡眠をもっと大切にして下さい

睡眠時間

一体何時間睡眠をとるのがベストなのでしょう?

5時間くらいの睡眠で毎日元気な人もいるし

8時間くらい寝ないとダメという人もいます

エジソンさんは短命で有名ですが

何時間くらい寝るのが平均なのでしょうか

そんな睡眠時間についてあなたは疑問に思いませんか?

睡眠習慣

睡眠の習慣には

睡眠時間の長短
・睡眠を開始する時刻
・起床する時刻    等々

様々なバラエティーがあると思います

その原因は単にその人の【生活習慣】だけによるものなのでしょうか?

色々調べてみると、その原因はその人特有の【遺伝子】に

主な原因がある事が判明してきました

夜型の人もいれば、朝型の人も存在します

その謎が解かれるかもしれません

睡眠導入剤

不眠症の人にとって眠れないのは大変深刻な問題です

眠らなければというプレッシャーが余計に眠れなくなってしまう

という悪循環を作ってしまう事もあります

この治療に用いられる薬物を睡眠導入剤または睡眠導入薬といいます

時差ボケ

海外旅行に行くと時差ボケに悩まされますね

でも、何で人間は時差ボケになるのでしょうか?

又、時差ボケにならない方法はあるのでしょうか?

仕事で海外に出張する人やスポーツマンにとっては

海外に着いた時と帰国してきた時の体調が崩れるので

結構深刻な問題になっている人も多いです

睡眠時無呼吸症候群

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付く事が

できない為に、検査・治療を受けていない多くの

潜在的患者さんがいると推計されています

一体どんな症状に日常生活で気を付ければいいのでしょうか?

睡眠不足

睡眠の不足からくる身体の変調は我々は日々の日常生活でも

度々経験していると思います

いくら頑張って眠りをコントロールしようと思っても

その我慢にはいずれ限界がやってきます

眠気には絶対に抵抗できない限界があるので

いずれは眠りに落ちてしまいます

睡眠と休息の違いについて解説致します

レム睡眠

日常生活で私たちは【睡眠】という言葉を何気なく使っていますが

実は【ノンレム】睡眠と【レム】睡眠という

全く異なった状態をひとくくりにして使ってしまっています

二つの睡眠のお話です

ライオンとキリン

野生の動物達も睡眠をとる事は想像できますが

一体、何時間くらい寝ているのでしょうか?

肉食系動物と草食系動物には睡眠に関して

大きな違いがありました

どっちにしても動物たちは命がけで睡眠をとっています

イルカの睡眠

頭がいい哺乳類として有名なイルカは水中でどの様に寝ているのでしょうか?

水族館ではイルカは花型選手ですよね

でも、一度もイルカが寝ているところを見た事がありません

同様にクジラはどうしているのでしょうか?

成長と睡眠

赤ちゃんと老人の睡眠は全く違います

人は生まれてきてから年をとっていく過程で

その年代ごとの標準的な睡眠形態をとっていきます

その過程には発達する脳との大きな関係があります

その意義について解説致しました

不眠記録への挑戦

連続して寝ない時間の世界記録があります

世界中には予想もつかない事にチャレンジする人がいるものですね

この一風変わった挑戦をした人物のお蔭で

睡眠のメカニズムの一部に関して貴重な資料が得られました

そんなお話です

覚醒とは

覚醒という言葉は私たちは日常生活であまり使いません

要は、覚醒=起きている状態の事ですが

睡眠を少し科学的に理解する際には必ず

この覚醒という言葉が出てきます

この言葉に慣れて頂きます

人は何故起きるのか

こんな質問は一見馬鹿げて聞こえるかもしれません

でも、睡眠と言う不思議なメカニズムを理解する上で

何で起きるのか?という質問はとても大切な意味を持っています

元々、起きている状態と寝ている状態とでは

どちらが生きている期間中本来の姿なのでしょうか?

何で起きるの?という素朴な質問にあなたならどんな返事をしますか?

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional