<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

夜途中で目が覚める訳

夜途中で目が覚める訳音声で学ぶ) G

画像の説明

合計:225 今日:1 昨日:0

夜中に途中で目が覚めるのは健康上問題はない

私自身も、時々睡眠の途中で目が覚めることがあります

特に、心からやりたい事がある様な時はしばしばです

その事について、私は特に気にかけたりはしませんが

途中で目が覚める事を気にする方もいらっしゃいます

哺乳類の85%は短い睡眠をとれる時にとって生きています

人間も、基本的には一緒で、その短いサイクルの睡眠を

いくつかつなげて眠る事ができる様な睡眠構造を持っています

ですから、夜中に途中で目が覚めてもあまり気にする必要はありません

一つの目安として、昼間の活動状態を指標にして下さい

元気で、活発に活動できていれば何の問題もありません

そんな、話を分かり易く解説してくれています

この音声について

京都府綾部市の76.3FM【いかる】より2015年10月から放送された

宮崎先生!教えて快眠ライフ「睡眠と記憶の関係」の音声です。

日常で使える睡眠の知識から、最新の睡眠研究まで

幅広くお話しされております

楽しい内容になっておりますので是非お聞き下さい。

5分程度の音が流れます

音量はご自身で調整して下さいネ

睡眠の構造についてがテーマです

人は時々夜中に目が覚める事がありますが

その理由について、睡眠の構造から解説しています


音声でお話なさっている宮崎 総一郎先生のご紹介

1954年9月2日 愛媛県宇和島市生まれ

1979年 秋田大学医学部卒業

1985年秋田大学大学院修了。医学博士

現在、国立大学法人滋賀医科大学睡眠学講座特任教授

「眠りの森」事業を通じて、社会への睡眠知識の普及を

おこなっているほか、各地域にて睡眠教育の講演をおこない

睡眠に対する啓発に努めていらっしゃいます

日本睡眠学会理事、日本睡眠学会睡眠医療認定医

日本耳鼻咽喉科学会認定医、日本気管食道科学会専門医

著書として「快眠家族のススメ」「伸びる子どもの睡眠学」

「睡眠教育ハンドブック」「脳に効く睡眠学」などがあります
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional