<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

睡眠と年齢

睡眠と年齢 G

合計:346 今日:1 昨日:2
画像の説明

一日の総睡眠時間は加齢と共に変化していきます

生理的切り口からの一日当たりの人の総睡眠時間

その年代によって変化していきます

勿論、季節による変化や、個人差による変化がありますので

一概に全ての人が各年代において、同じ様な睡眠時間になる

わけではありませんが、平均時間においては年齢と共に推移する

事が調査・研究により報告されています

年代別総睡眠時間の推移

※ 新生児・・・16時間~17時間

※ 小児期・・・10時間~12時間

※ 青少年期・・・ 8.5時間~10.5時間

※ 中年期 ・・・ 7時間~8時間

※ 更年期 ・・・ 更に減少していきます

レム睡眠(深い眠り)時間の割合の推移

睡眠時間の中の、レム睡眠時間が占める割合も

年齢の推移と共に変化していきます

新生児では、総睡眠時間約半分が、このレム睡眠となっていますが

段々、その占める割合が減っていきます

小児期になると、早くもその割合は20%程に減っていきます

そして、成人になっても、その割合はあまり変化しません

人生の大半を20%くらいの割合で人はレム睡眠で眠り

その後、加齢にともなって減少し

高齢者の域に入ると、その割合は15%位までに減ってしまいます

この様な調査・研究報告書を読んでみると

子供がよく寝る理由や、私も含めて年齢がたかくなっていくと

なんだか、あまり睡眠が深くない感じがするのが納得できます

睡眠時間に占めるレム睡眠(深い眠り)の変化は

その年代に応じた脳との関係があるのです
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional