<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

睡眠導入剤

睡眠導入剤

合計:364 今日:1 昨日:1
画像の説明

不眠症の治療に用いられるのが【睡眠導入剤】です

【睡眠導入薬】とも呼ばれています
眠りの原理はまるでコンピューターの様に
不調になった時【再起動】をかければその機能が
復元するのと似ています

眠りは同じように身体が不調になった時に
その調子を復元させる不思議な機能を兼ね備えています

ですから不眠症の人の【眠れない】症状は
大変深刻な問題になります

更に、眠らなければというプレッシャーがかかると
増々眠れなくなってしまい最低限の薬物による
治療が必要になる時もあります

この不眠症の治療に用いられるのが【睡眠導入剤】です

睡眠誘導剤に用いられてきた薬物

・古くは【バルビルーツ系】薬剤
・最近では【ベンゾジアゼピン系】薬剤

ベンゾジアゼピン系の薬物を投与すると
GABAの受容体の一つのGABA-A受容体に作用して
その作用を強める働きがある

この受容体は脳内に広く分布していて
ベンゾジアゼピン系薬物を投与すると
能の活動全体を抑え込むことになり
その結果、睡眠が誘発されるという仕組みになっている

しかしこれは生理的な睡眠とはかなりかけ離れている
正常な眠りは【モノアミン作動性システム】が弱まる事によるが
こうした睡眠誘導剤は【モノアミン作動性システム】を抑制はするが
それより上位の【大脳皮質】にも大きな影響を与えてしまう

この様に誘導された睡眠は正常な睡眠とは
かなりかけ離れた異質なものになってしまうのである

認知機能や運動機能への影響も・・・

小脳は運動系の制御に重要な働きを果たしている
GABAが重要な伝達神経伝達物質として働いている
GABA系に作用する薬は運動機能に強い影響を与えてしまう
アルコールもまたGABA系のニューロンに強い影響をもたらす

アルコールと一緒にこれらの薬物が投与されると
認知機能や記憶、運動機能により強い影響が出てしまう

眠れない時にその対処方法としてお酒を飲む人がいるが
この様な症状が脳内で進行する事を覚えて頂いて
薬との併用は極力避けて頂きたい

不眠症の人はお酒に頼って眠りに入ろうとする習慣があるので
その傾向が強いと深刻な問題を引き起こす可能性が
大きい事を認識してもらいたい

そういう私自身も就寝前に一杯やるのが楽しくて
殆ど毎晩お酒をゆっくり飲みながら
今日一日を振り返ったり、明日の予定をを想像しながら
眠りに着くのが好きなのだが・・・

生理的原理に近い【睡眠誘導剤】はないのか?

受容体拮抗薬】の開発が進められている
上記に述べたものとは違う全く作用秩序が異なる
画期的な睡眠誘導薬の開発が可能になっている
これは【オレキシン】の発見によるところが大きい

【オレキシン】は簡単に説明すると覚醒を維持する物質
この【オレキシン】の作用を薬物で遮断する事ができれば
生理的に近い睡眠をもたらす事ができるという理屈になる

今実際にその様な薬物の開発が進められている
それが【受容体拮抗薬】だ

この薬物は大変生理的睡眠に近い眠りが誘導できる事が確認されている
睡眠中は本来はオレキシンの分泌は低下しているべきなのに
不眠症の人はこの分泌が過剰になってしまっている
それが不眠症の主たる原因だ

この過剰なオレキシンをブロックする事により
睡眠を誘導できるという考え方から効果が期待されているのが
受容体拮抗薬】なのです

このページでの解説はこの辺で終わりにするが
普段あまり耳にしない専門用語等の解説は
別のページにて追って追加記事として記載させて頂きたいと思ます

この開発は不眠症の人にとって朗報になるはずです
そして、新時代の睡眠誘導薬として実際に期待が高まっています
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional