<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

合計:227 今日:1 昨日:0
画像の説明

ウィキペディアによる定義 (ウィキペディアから抜粋)

ウィキペディアによると睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome; SAS)とは
睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。とあります

又、【定義と概念】としまして
「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index; AHI) が
米国睡眠医学会の提唱する基準では5以上且つ日中の
過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い。と明記されています

更に、
口無呼吸
鼻の気流が10秒以上停止すること

□低呼吸
10秒以上換気量が50%以上低下すること

□無呼吸・低呼吸指数
1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたものを指す

□尚、この定義には当てはまらないものの低呼吸状態を
繰り返して不眠を訴える場合があり、その場合も
睡眠時無呼吸症候群と同様、患者のいびきや歯ぎしりが
ひどい場合が多いため「いびき・歯ぎしり不眠症」と呼ばれる。

と定義されています

そして、その原因として二つに分類されています

□閉塞性睡眠時無呼吸症候群
睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を
閉塞することが主な原因である

□中枢性睡眠時無呼吸症候群
脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で
呼吸運動が消失するのが原因である

この病気が深刻な理由

・寝ている間に生じる無呼吸が、起きている時の
私たちの活動に様々な影響を及ぼすという事と

・気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる
可能性があるがあるという事です

又、寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付く事が
できない為に、検査・治療を受けていない多くの
潜在的患者さんがいると推計されています

こんな症状に該当している場合は注意が必要です

下記の症状の自己チェックに複数個該当する場合は
早めの診断をお勧め致します

□寝ている間
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
・むせる
・何度も目が覚める(お手洗いに起きる)
・寝汗をかく

□覚醒時(起きている時)
・強い眠気がある
・だるさ、倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある

【いびき】の種類

□散発性のいびき
普段はいびきをかかないのに、疲れた時や
お酒を飲んだ時にいびきをかくという人もいらっしゃいます
この様ないびきに該当します

□習慣性いびき
寝ている時はいつもいびきをかくといういびきが該当します
この「習慣性いびき」は、寝ている間の換気量低下(呼吸量が減ること)や
覚醒反応(体は眠っていても脳が起きた状態になってしまうこと)の有無によって更に【単純いびき】と、【睡眠時無呼吸症候群(SAS)に伴ういびき】とに分類されます

□単純いびき
覚醒反応がないいびき

睡眠時無呼吸症候群(SAS)に伴ういびき
覚醒反応があるいびき

この様な症状を理解して、自己チェックがSASに該当している
項目が多い様でしたら、ご自身・ご家族の為にも
早めの診断がベストと判断致します
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional