<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

睡眠時間

睡眠時間

合計:275 今日:1 昨日:0
画像の説明

7時間睡眠をとる人が一番長生きしている

アメリカでの大規模な調査結果によると
時間睡眠をとる人が一番長生きしているという事実がある。
この習慣には大きな個人差あるが
6.5時間~8.5時間の睡眠時間が最も多く人口の7割を占めている。
反対に4時間以下、10時間以上という人は
100人に1人の割合になっている

この調査の信憑性は?

調査対象者に高齢の方が多いとその数値は低くなってしまう。
何故ならば人は年を取るとそんなに眠らなくなるからだ。
この意味で、この調査結果は対象者年齢を考慮していない。
認知能力を調べた調査では7時間睡眠のグループよりも
9時間睡眠の人達の方が認知能力に関しては高い数値を出している
そうなると何時間寝るのが一番長寿なのかが
少しぼやけてしまうと思う。

エジソンは短眠で有名だが本当は?

有名人の睡眠時間を調べてみると
ナポレオンやエジソンは短時間睡眠者で知られているが
本当はよく居眠りをしていたという話がある
この話が本当ならば実際は6時間くらいは寝ていた事になる
アインシュタインは反対に10時間くらい寝ていたという
ちなみに私は一度に取る睡眠は5時間くらいだ
その代りに、仕事で集中する度に3時間おきに15分位仮眠している

睡眠時間の必要性は人によりまちまち

この様な様々な情報から結論を出すのは早急だと思う
調査結果を信じると一般的には7時間睡眠が一番多いようだが
要は自分が翌日に眠気を感じない様に活発に活動できる様に
しっかり眠ればよいという結論に達する
その時間は人によりまちまちなのだ
この見解が一番適切だと感じる
健康な人であれば【眠気】とは質的・量的に睡眠が不足している合図だ
睡眠不足のバロメーターを関知して自分に適した
睡眠時間を模索して翌日一番スッキリと活動できる
習慣を身に付けて頂きたい

【睡眠の恒常性】睡眠の必要性にはかなり柔軟性がある

今どうしても集中してやり遂げる必要性がある課題に
直面している様な状態では人はいつもの平均睡眠時間の習慣を
無視してでも活動する事ができるだろう

そんな短眠環境下でもかなりの効果を上げる能力を持っている
勿論、そんな睡眠を犠牲にした後にはそれなりの埋め合わせを
体自体が要求してくる事になるが、必要性に応じて人は睡眠時間
ある程度柔軟にコントロールできる能力も持っている

長く覚醒が続いた後は脳内で睡眠負担は増加する
その為、無理をした後の睡眠時間は普段よりも深く・長くなる
これを【睡眠の恒常性】という

この様な背景を考慮するとこうした能の機構を含めて
眠気を感じないだけ眠ればよい
と言うのがここでの結論と言える
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional