<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

睡眠負債を減らす

睡眠負債を減らす G

合計:381 今日:1 昨日:0
画像の説明

睡眠負債は脳の借金

人は覚醒(起きて活動)していると、時間の経過と共に疲れてきます

これは、当たり前のことですし、誰にも当てはまります

この疲れは、体調にも現れますが、特にに大きく影響を与えます

人の活動に合わせて脳に溜まっていく睡眠物質の話は別の章でしましたが

眠気を感じる睡眠物質が、脳に溜まる現象を睡眠負債と呼ぶのでしたね

そして、この睡眠負債が原因で、交通事故が起きたり

仕事上でのヒューマンエラーが起きたりするお話もしてきました

睡眠負債が溜まってきて、どうしても眠くなってしまた時は

可能であれば、横になって仮眠をとるのがベストなのですが

置かれた状況によっては、そう都合よく眠れない場合の方が多いものです

眠くなったからといって会社での仮眠は難しい

特に、仕事中はそうですよね

あなたの場合は、仕事中会社で仮眠は可能な環境でしょうか?

会社によっては、お昼過ぎの食事後に一定の時間仮眠を推奨する

社内規則をもうけている会社も増えてきましたし

場合によっては、仕事の進行具合で、好きな時にうつぶせになって

仮眠をとる事が認められている会社もある様です

中には、仮眠室という立派な施設を完備した会社もあります

それくらいに、睡眠負債が招くヒューマンエラー仕事の能率

科学的にアプローチしている企業が多くなってきているという事です

もしも、あなたの会社がこういった企業に属さな場合は

どうやって、この睡眠負債を改善すればいいのでしょうか?

実は、だれでも、いつでも、どこでもできる睡眠負債低減方法があります

その方法とは、実に簡単です

目を閉じるという行動です

椅子に座って目を閉じるだけ

仮眠をとるというと、横になって眠るイメージがありますが

実際に心身の疲れをとる為には、横になって眠る必要があります

でも、現実問題として、横になって眠る事ができない場合は

実は、椅子に座って目を閉じるだけでも、相当な効果があるのです

この事実は、様々な実験結果から報告されています

目を閉じるという行為にはアルファ波との関係があります

アルファ波

アルファ波とは脳波の一種で、一般的には身体がリラックス状態の時に

出る波だという事が知られていますが、実は目を閉じるだけ

このアルファ波は脳から出されているのです

この様な目を閉じるという何気ない行為が睡眠負債物質低減に役立ちます

先ずは、視覚を遮断する必要がありますので

何分でも構わないので、チョット疲れてきたなーと感じたら

その場で目をつむってみましょう!

その効果は抜群です

ちなみに、目を閉じている理想的時間ですが

10分間~15分間といわれています

この時間、目を閉じていられれば、睡眠負債を減らす事が出来て

しかも、その時取り組んでいる作業効率も向上します

今日から、是非あなたの日常生活に取り入れてみて下さい
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional