<<睡眠と活動には大切な関係があります 睡眠のメカニズムを理解して自分にとって最適な睡眠環境を作り楽しくて元気な毎日が送れる一助になれば幸いです>>

覚醒とは

覚醒とは G

合計:320 今日:1 昨日:0
画像の説明

辞書で調べると

1. 目がさめること。目をさますこと 「昏睡状態から―する」

また、意識をはっきりさせたり興奮させたりすること。「―剤」

2. 迷いからさめること。迷いをさますこと

また、自分の非に気がつくこと

とありますが、あまり私たちは日常で、この言葉は使いませんね

覚醒という言葉が使われる記事文章例

このサイトは、睡眠に特化した記事を書いて

みなさんにお伝えしていきますので

どうしても、時々この覚醒という言葉を使います

覚醒という言葉は次のような記事文章として登場します

睡眠の習慣は、動物種によって大きな差があります

ライオンの様な肉食動物

キリンの様草食動物

イルカやクジラの様な水中で生きている動物

そして、人間です

その、睡眠の仕方、習慣はその種によって違います

しかし、睡眠と覚醒のスイッチのメカニズムは共通しています

こんな風に、覚醒という言葉を使っていきますので

この言葉の意味を、この章(ページ)で理解して下さい

睡眠の反対語?

睡眠を考える上でこの覚醒という言葉は頻繁に使われます

休眠状態から活動状態になる=睡眠から目覚める

という意味でよく使われます

医学用語としては無意識から意識が戻るようなこと

全般に使われています

このページではこの覚醒という概念について解説します

ものすごく簡単に説明すると

私たちの生活・行動は起きている寝ているかのどちらかですよね

日常の何気ない会話では次のように使っていませんか?

私  :「昨日、何時間寝た?」

あなた:「うーん。8時間くらいかな?」

私  :「今日は何するの?」

あなた:「今日は午後から公園に行くよ」

この様な会話が普通で、次のような一種堅苦しい言い回しは

普通はしないのですが、上のやり取りを便宜上次の様に替えてみると

私:「昨日、何時間寝た?」⇒「昨日の睡眠は何時間?」

あなた:「今日の午後の覚醒は公園に行くよ」

となります

ちょっと説明が難しいのですが、私たちは普段この覚醒という

言葉をあまり使わないし、そもそもあまり耳にしないので

捉えにくいと思うのですが、睡眠という概念を少しずつ理解

しようと思うと、どうしてもこの覚醒という言葉の意味を

把握しておく必要があります

かなり乱暴すぎますが、今までの事をまとめると

睡眠≒寝る事

覚醒≒起きている状態

となります

このサイトの目的

睡眠について少しづつ深く追及していき

自分にとって最適な睡眠環境をみつけて

健康で前向きな毎日を送っていく

ですので、睡眠という概念を時には科学的に説明する場面があります

その時に必ずこの覚醒という言葉が登場しますので

ここはチョット我慢してお付き合いください

お願い致します
画像の説明

シェアーしてね♪

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional